綺麗に着こなしている人はどれほどいる?

毎年成人の日になると、街にあふれる振袖姿の女の子達ですが、一体どれほどの子が本当に美しく、振袖を着こなしているのでしょうか?着物は日本の伝統的な民族衣装であり、それゆえに着こなし方が重要だと考えます。
今時の着こなし方もあるのでしょうが、やはり着るからには美しく着て欲しいと思います。
振袖は、独身女性の特権でもあり、着る期間はそれほど長くないので、余計に着る時は最高度の着こなしと、身のこなし方が求められると思います。
着物と帯の合わせ方もすごく重要ですが、他にもヘアースタイルも重要になってきます。
成人の日の女の子達によく見られる、茶髪で夜の商売の人かと思わせるようなヘアースタイルは、やはり振袖には合いません。
黒髪でなくてもいいと思いますが、しっとりとしたアップスタイルの方が、品良く着物も着こなせます。
また、振袖に合う小物関係も重要です。
草履やバッグも、粋な物を選びましょう。
個人的には、成人式でよく見られる白いファーのストールは、着物を安く見せてしまう気がします。
白よりも茶色か黒のファーの方が、振袖をより際立たせてくれることでしょう。
着物は日本女性の代表的な民族衣装です。
和の心を持って、美しく着こなしたいものです。

選び方

成人式では女性の皆さんは振袖を着ると思います。
どうせなら自分にあった振袖を着たいはずです。
振袖の選び方を簡単に紹介します。
体型や身長によってあう振袖は変わってくるので、慎重に選びましょう。
まずふくよかな方は、シンプルな柄のデザインが良いと思います。
振袖を着る時は、首が長く見えるようにしましょう。
痩せている方は、ボリュームを出すために大きな柄や大胆な色などを選び、上半身を華やかにすると良いでしょう。
背が高い人は、メリハリを出すために大胆な柄や色を選んでください。
背の低い方は小さな柄を選び、からだとのバランスに気をつけましょう。
可愛らしいデザインのものを選ぶと良いと思います。
振袖は購入するかレンタルするかのどちらかだと思います。
どちらの場合でも、しっかりとカタログを見たり実際にお店に行って振袖を確認してください。
色や柄、予算などをお店の人に伝え、予算内で最高の振袖を見つけてください。
キャンペーンや割引を行っているお店もあるようです。